次に、過剰歯というものがあります。

字のごとく、他の歯よりも一本多い場合に呼ばれるものです。

場所によっては粘膜を傷つけたりほかの歯の邪魔になるため、歯科医院での相談が必要です。