次に、エナメル質形成不全症というものがあります。

これは、歯の表面をコーティングしてくれているエナメル質という層が一部ないまま生えてくるものを言います。

エナメル質がないため、虫歯になったりかけやすくなったりします。