次に上顎前突とは反対の意味の、反対咬合(はんたいこうごう)という状態があります。

これはいわゆる受け口と言われる状態で、上の前歯より下の前歯が前方に出ている状態です。

これも骨の影響が大きい場合があり、幼少期からの治療が特に有効になります。