虫歯へのリスクとしてもう一つ挙げられるのが、唾液の量です。

唾液の中に含まれる歯の再石灰化に寄与する能力が少ないと、虫歯になりやすいからです。

歯を修復する力が弱いことになり、歯が溶けた状態を維持されてしまうでしょう。