虫歯へのリスクを下げるために、3つの要点をお話ししました。

口の中のバイ菌の数、間食の回数、そして唾液の量。

これらがそれぞれに作用して虫歯になるため、どれか一つでもリスクを減らせれば(通常は間食の回数ですが・・・)それだけ虫歯になりにくくなるわけです。