まずは子供のころの治療についてです。

おおよそ小学校入学から高校生までの成長期では、前述のように骨の成長が期待できます。

これに合わせて骨を標準に近いところまで成長させる(あるいは抑制させる)ことで、大人の歯に生え変わった時に歯がすべてあごの中にしっかりとした位置に生えてくることを狙います。