よって、小児期の治療では、おおよそ小学校入学時くらいからあごの骨と歯の大きさの観察を行い、治療の準備を進めていきます。

この結果、矯正治療が必要なくなる(骨と歯のバランスが良い)ことも起こりえます。

したがって、定期的な観察を当院で小児期から行い、適切な時期に矯正の専門医へ紹介し、詳細なデータによって治療の必要の有無を把握するのはとても重要なことです。