歯間ブラシに関しては、やや歯と歯の間の歯肉が下がり、ものが詰まりやすい方にお勧めです。

サイズはおおよそSSSからLまであり、無理に通したり緩すぎたりすると効果があまりないため、歯科医院での指導を受けると良いでしょう。

これらフロス、歯間ブラシは歯ブラシと同じように扱えれば歯磨きはより良い物になるでしょう。