C2の状態は、歯のコーティング層であるエナメル質を超えてしまった状態、象牙質と言われる層にまで入り込んだ状態をいいます。

これは、この中に入り込んだプラークなどを歯ブラシでは取り除けずに、進行の一途をたどります。

よって、歯科医院での細菌に汚染された層の切削と詰め物が必要になります。