C4の状態になると、痛みをほぼ感じないため、放置されがちです。

この状態のまま歯磨きを怠ると、口の中の細菌はどんどん増えていってほかの歯にまで影響を及ぼしかねません。

まずは歯科医院での歯の根の治療、そして同時進行での他部位への感染防止のための歯磨き指導が不可欠でしょう。