実際に20本以上歯がある方と、19本以下で入れ歯も入れていない方とを比べたデータがあります。

これによると、入れ歯も入れていない方は、20本以上の歯のある方より2.5倍の転倒のリスクがあるそうです。

やはり、全身のバランスは歯によっても保たれている証拠ではないのでしょうか。