転倒に関いては、別の実験でも噛み合わせが安定している方の方がリスクが低いことが証明されています。

転倒が年2回以上の方の大部分はその実験によると歯もなく入れ歯も不使用の方だったそうです。

フレイルが口の中から起きていることが容易に想像できる結果となっています。