しかしながら、厄介なのはこのブラケット周辺にワイヤーやら針金、輪ゴムなどがたくさんくっつくことです。

これにより、歯ブラシの毛先がなかなかブラケット周囲や歯の間に届かないことが多く発生します。

結果として、歯並びはきれいになっても虫歯になってしまうという悪循環が起きるのです。