二つ目に、矯正治療はあごの骨に負担を加えながら歯を動かすため、容易にあごの骨が溶けやすい状況にあります。

結果として歯周病が進行しやすくなり、やはりあごの骨や歯の不安定の原因となります。

このように、虫歯や歯周病は矯正治療中に特に注意すべきであると言えます。