抗生物質(アンチバイオティクス)は、菌を殺すことを目的としていますが、対極にあるプロバイオティクスはいろいろな作用があります。

まず一つ目に悪玉菌に効く抗菌物質を放出することです。

これにより悪玉菌が繁殖することを防ぎ、腸内バランスの改善に寄与します。