プロバイオティクスの効果の二つ目に、免疫物質の分泌を促すことがあります。

この免疫物質とは、体の外から入ってくるバイ菌に対して抵抗する警察の細胞の様なものです。

体の中を循環し、取り締まることで体調を整える役割を担います。