プロバイオティクスの効果、最後の四つ目は腸などの臓器の粘膜を保護することです。

腸など栄養分を吸収する表面にあるバリアーを強化することで体内バランスを整えられます。

以上のように、抗生物質のような攻撃的な効果ではなく、様々な予防法を持っているのがプロバイオティクスの良いところと言えるでしょう。