プロバイオティクスは、色々な摂取の仕方がありますが、もっとも推奨されている頻度は、毎日になります。

これは、すでに出来上がっている細菌叢の中にいかにプロバイオティクスの細菌が定住することが難しいことを示しています。

よって現在の細菌叢が形成される幼少期は、とても大切な時期になります。