口の中の細菌の種類が決まるのは、おおよそ1歳半くらいから2歳半の時期と言われています。

前述の通り、細菌叢をプロバイオティクスによって変えるのはとても大変なため、この時期に虫歯菌や歯周病菌を多く摂取することを控えることがその後のリスクを小さくすることになります。

また、今後はこの幼少期に積極的にプロバイオティクスを摂取することも推奨されるかもしれません。