歯磨き粉についてはいろいろな種類がありますが、フッ素入りのものや研磨剤が入っていないものを選ぶと良いでしょう。

重要なのは歯磨きの仕方ですが、当院ではバス法という歯と歯茎の間を狙って磨く方法を教えています。

ポケットと呼ばれる歯と歯茎の隙間に溜まっている汚れを取ることが歯磨きの主な目的となります。