フロスは歯と歯の間に通して使うものです。ブリッジや歯と歯の間をつなげている治療を行っている部位には適応できません。

単純に歯の間を通すことも重要ですが、一度完全に上から下まで通した後に引き上げる際、どちらかの歯の方向に引っ張りながら引き上げると歯の表面がより綺麗になります。

これを両方の歯に行うこと(つまり一箇所で最低2回は通すことになる)で歯ブラシで届かない歯と歯の接する面も綺麗にできます。