また、矯正治療のときに抜歯をする場合があります。

この時には虫歯や歯周病になっていない歯でも治療のために抜歯を依頼される場合があります。

そのほかには、歯自体が口の中を傷つけてしまう場合なども例外として抜歯を検討することがあるでしょう。