抜歯の翌日には、抜歯当日に出ていた出血もほぼ止まっていることが多いです。

ジワジワ出ていた出血は一晩で血餅といういわゆるカサブタになっていきます。

このカサブタが後々に新しい歯茎や骨に変わっていくため、とても重要な役割を果たします。