また、同じくお医者さんから出されている、又は注射されている薬の中に骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の薬がある場合があります。

これらの中には抜歯をした後にあごの骨が腐ってしまう病気がでるリスクのある薬が含まれている場合があります。

通常はお医者さんから歯科にかかる時には注意が必要と説明されますが、知らずに服用していたり、忘れている場合もありますので、服用中の薬が書いてあるお薬手帳は必ず持参してください。