親知らずがあることによるリスクの一つとして、歯茎の腫れがあります。

特に下あごの横向きになって生えている親知らずに関しては、歯茎を布団を被るように生えているため、歯茎との間に汚れが溜まり、あるとき突然腫れてきます。

体調がすぐれないとき、ストレスが溜まったとき、低気圧の時など、色々な条件が運悪く重なると腫れてしまうのです。