抜歯をすることは、患者様も嫌ですが、歯科医としても苦渋の決断であります。

しかしながら、抜歯をせざるを得ない状況は実際に起きることがあり、そのときに抜歯を躊躇することで後から大変なことになることもあります。

その見極めは患者様自身では難しい場合が多いため、よく相談しご自身の状態を理解することが後々に後悔しない決断を後押ししてくれるでしょう。