治療困難な歯周病の歯を無理やり残すと、ばい菌による炎症を繰り返します。

そのことで周りの組織の崩壊は激しく、あごの骨を失う量も多くなるため、抜歯後の処置にも悪影響を及ぼす場合があります。

そのため、インプラントやブリッジなどの処置をする場合にも抜歯のタイミングは非常に重要です。