抜歯せざるをえない場合のうちの一つとして、最近よく目にするのが歯の中にヒビが入っている場合です。

特に神経を取った治療をしていた場合には、時間とともに歯も乾燥してきて脆くなり、ヒビが入りやすい状況になります。

ついこの間まで痛みなく噛めている場合でも、突然噛むときに痛みが走ったときにはこのヒビも考慮に入れて判断しなければなりません。