このようなARONJと言われるあごの骨の腐食を回避する対策としては、ビスホスホネート系製剤やデノスマブの治療を受ける前に口の中のチェックを受けるだけではありません。

ある論文によると、口腔ケアを行った場合には、このARONJの発生リスクを約3分の1に減少させたと言うデータがあります。

したがって、定期的な口腔ケアおよび抜歯前の口腔ケアはとても重要なことがわかります。