ビスホスホネート系製剤のよるあごの骨の影響を回避するためには、定期的な検査や口腔ケアが重要ですが、それでも治療後に口腔内にトラブルが発生する場合も当然ながらあります。

そのような場合にはなるべく初期の段階で発見することがとても重要です。

そして速やかに治療を行うことで骨への影響を最小限に留めます。