ビスホスホネート系製剤を使用しながらの治療では、ポイントが二つあります。

まずは、当たり前のことですが、口腔内の清潔を保つこと。

そして、もう一つが抗生物質の投与です。

なるべく治療は歯を抜かない選択肢が優先されます。