お薬手帳の中身によって、薬の名前がわかることで患者さんの持病も推測することができます。

もちろん問診票に持病の記載欄はありますが、患者さんが忘れていたり、場合によっては病名が違っていたりすることもあります。

お薬手帳を見せていただくことで事前にこのような事態を発見することができます。