この歯肉が腫れたようになる歯肉増殖症は、高血圧の薬のカルシウム拮抗薬だけではありません。

てんかんの患者さんがけいれんを止めるための抗てんかん薬であるフェニトインという薬剤、臓器移植や自己免疫疾患の時に使用されるシクロスポリンという薬剤の副作用でもなることが分かっています。

これらの内服薬を服用されている場合、歯科と医科での相談となる場合もあります。