次に、保険診療の中でもよく行われるのが銀の詰め物です。

皆さんの歯医者に対するイメージは、おそらくこの詰め物であるのではないかと思います。

この銀の詰め物は、「金銀パラジウム合金」という正式名称で、通称「金パラ」と言われます。