「金パラ」を詰めるためには、レジンを詰めるよりも多く歯を削らなければいけません。

これは、詰め物をなるべく取れないようにするための処置で、虫歯でない部分も削らなければならないのが欠点です。

健康な歯を削ることにはとても抵抗がありますが、この詰め物をする場合はある程度避けられません。