金合金は、多くの場合で治療の適応になる、治療の選択肢にほぼ必ず入ってきます。また、当然金属なのでプラスチックであるレジンと比べ耐久性は強いです。

一方で、金属なので見た目は目立ちます。また、金パラと同じく歯を削る量は多くなります。

また、現在は金の価格が高騰していることもあり、材料費が高いため、治療費が高いのが難点です。