詰め物のトラブルで、よくあるのが詰めたところの付近にまた虫歯ができてしまうことです。

詰め物になっている場所は、本来ご本人が磨きずらいところなはずです。治療が終わってホッとし、歯磨きを注意せずに以前のように行っているとまた虫歯になってしまいます。

どうしてその部位に虫歯ができたのかについて、歯医者とよく相談し、歯ブラシの当て方を含めよく検討することが長持ちの秘訣になります。