痛み止めの内服薬(頓服薬)をあまり飲みたがらない患者さんがいらっしゃいます。

痛みが少ない場合には飲まなくても良いですが、痛みが強くなってきてしまうとその後に薬を内服しても効果が少ないと言われています。

痛みを我慢しても仕方がない場合が多いため、痛くなりそうであれば飲むことをおススメしています。