神経の治療を行っても、神経が入っていたトンネルの中を触ったり、噛むと痛みを感じる場合が多々あります。

神経を取ったはずなのに何故痛いの?と疑問に感じる患者さんも多くいらっしゃいますが、原因は未だに完全には解明されていないようです。

恐らくは根の中にあるバイ菌の仕業、また歯の根の先にある噛みしめ感を感じるセンサーなどが反応しているためと考えられています。