永久歯(大人の歯)がなく、乳歯(子供の歯)がある場合には、噛み合わせが悪くない場合はむやみに抜かずにそのまま残します。

虫歯にしないようにしっかりと管理しながら長く残るように見ていきます。

大人になっていよいよ何かしらの原因でダメになった場合には抜いて、ブリッジや入れ歯、インプラントを選択します。