永久歯(大人の歯)がなく、乳歯(子供の歯)も残せない場合には子供の早い時期に矯正治療を行うことをお勧めします。

矯正治療で歯と歯の間をしっかりと並べ直すことで将来長きにわたり良い状態で他の歯を残せるでしょう。

場合によっては反対側の永久歯を抜いて、左右のバランスを取る場合もあります。