転倒などにより乳歯をぶつけることで、来院される患者様がいらっしゃいます。

乳歯の状態はもちろん、本来見えていないあごの骨の中にまだある永久歯にまで影響が及んでしまっていることがあります。

乳歯の保存はもちろんのこと、交換期からその後の永久歯まで観察が必要です。