レントゲンを撮影していると、あごの中に歯の集合したような影が映る場合があります。

歯牙腫と呼ばれる病気で、中には歯がたくさん入っていることもあります。

永久歯の生え変わりに影響がある場合もあるため、発見したら摘出することが多いです。