歯の生え変わりの時期によく親御さんから聞かれることといえば、レントゲンの被曝についてです。

当院でもデジタル化された(つまり従来のレントゲンよりも被曝量が少ない)レントゲンで、かつ防護エプロンを必ず着用させます。

また、小児用に撮影条件の設定を大人よりも下げていることでなるべく小児に負担にならないようにしています。現在のレントゲンでは、一回の撮影の被曝量はほぼ1日から2日過ごして被曝する自然被曝量と同等と考えられています。