歯に受けたダメージは乳歯の場合、埋まっている永久歯にまで及ぶ場合があります。

永久歯が出来上がる過程でダメージが及ぶと、歯の形の奇形や変形に繋がります。

多くの場合は永久歯が生えてくるまでどのようになっているかはわからないため定期的に観察が必要です。