転倒や衝突は特に小児にとってはつきものです。

その時に親やその場の責任者、先生などが見た目で判断してしまうことが多いように思います。

血が出ていないことや痛みがないことを判断基準にしないことです。