歯の怪我してしまった時に、前述の危険な症状がない場合は歯科の出番です。

歯の一部が欠けて、あまり症状がない場合でも放置してはいけません。やがて痛みが出る可能性もあります。

歯のかけらがあれば前述の保存方法で持参してください。歯の神経を守るためにも事故当日の受診が望ましいでしょう。