時間が経ってわかる歯の症状のもう一つが、歯の根の吸収です。

時間とともに根が短くなることで歯がグラグラになり、抜ける危険性が高まります。

この場合はやむなく神経を取る方法でその後の吸収を防ぎます。