時間経過とともに、歯の根が吸収することがある一方、あごの骨にダメージがあると骨の部分が減っていくこともあります。

この場合も歯の支えを失うため、歯自体がグラグラになります。

手術するなどの方法で食い止めるよう努力します。