受傷後の経過観察は、最低でも1年間は必要でしょう。

受傷後のいろいろなトラブルはほとんどが1年以内には出てくると言われています。

例外もあるため、より注意深い観察が必要な場合などはよく歯科医院で相談しましょう。